生活支援(相談)員:福祉の仕事に就こう!

生活支援(相談)員

 医療技術の進歩と医療設備の整備によって、日本国民の平均寿命は増加の傾向にあり、今では世界一の長寿国家となっています。反面、様々な問題が起因し、少子化が進んでいることも事実です。平均寿命が延びることは良いことですが、高齢者にとって老化に伴なう体力の低下は免れず、介護サービスの需要は今後も増えるものと予想されます。
 介護・福祉分野における国の取り組みとしては、2000年に介護保険制度を導入し、それまで行政が行っていた社会福祉事業を民間事業者が行えることとなり、今では豊富な介護・福祉サービスの提供が可能となりました。
 このため介護・福祉職の需要は高まり、介護・福祉の仕事自体、将来性がある職種として注目を集めています。介護・福祉分野への就職を希望する方も増えていますが、介護・福祉の仕事はサービスを提供する仕事の他にも、高齢者や障害者への生活全般の相談に応じたり、健康管理を担う仕事などさまざまであり、今後も新たな介護・福祉事業が出てくるものと予想されます。
 本サイトを通じて少しでも介護・福祉に関する知見を深めていただければ幸いです。

『介護・福祉の仕事に就こう!』管理人